ソニーワイヤレスマイク

ソニー(sony)ワイヤレスマイクラインナップもさすがソニーだけあって品数が豊富ですね。

ソニー製のマイクロホンの一部をご紹介します。

○ワイヤレスマイクロホン型番:ECM-HW1
ワイヤレスマイクの利点は離れたところの音でも収録できるところ。ソニー(sony)ワイヤレスマイクのECM-HW1は離れたところの音声を記録できるワイヤレスマイクで、マイクロホンとレシーバーはセットになっています。マイクの収音可能領域がせまかったらつかえないところですが、距離にして約30mというとんでもなく広範囲な高機能なマイクです。これをどうやって使いこなしますか?fmマイクではとうていたどり着けないようなクオリティを誇っているマイクですね。

ソニーECM-HW1の主な仕様
マイクロホン(トランスミッター)約:幅34×高さ65×奥行23mm
(レシーバー)約:幅48×高さ71×奥行53mm
マイクロホン(トランスミッター)約25g(電池別)
レシーバー約58g
このように非常にコンパクトなので邪魔になりませんね。

販売価格:21,000円(税込)を高いと見るか激安と見るか。

○ステレオマイクロホン型番:ECM-HST1

ソニー(sony)ECM-HST1は4つのマイクカプセルと新開発のアンプにより、立体感あふれるサウンド録音が可能になったマイク。立体感というのは高音質な集音を目指すには必要な要素。もうひとつマイクにとって重要なのが指向性です。マイクを向けたところだけ音を拾うのか、マイクの回り全体を拾うのかといった要素です。ソニー(sony)ECM-HST1はこの指向性の主軸角切り換えも可能(120度/90度)なので撮影目的に応じた録音が可能な幅の広い用途につかえるマイクです。アクティブインターフェースシューにも対応。
どちらかというと、今言ったように撮影目的には強いマイクですね。
個人的に自主制作映画を撮る人とかはマイクも使わないと風が強い日はせりふがうまく聞こえないですから。

ECM-HST1の主な仕様
約幅32.0×高さ74.2×奥行66.5mm
約47g

販売価格:9,923円(税込)
このくらいなら撮影時にも十分購入できますね。

○ガンズームマイク型番:ECM-HGZ1

ソニー(sony)ECM-HGZ1はアクティブインターフェースシュー対応のガンズームマイクでハンディカムのズームに合わせてマイクの指向性が変化するタイプです。ガンズーム型で狙いの音をしっかりキャッチできます。デジカメとか撮影用カメラと連動して使うのがいいのでしょうかね。

ECM-HGZ1の主な仕様
幅28.8×高さ56.8×奥行115mm
約50g

販売価格:9,450円(税込)

○エレクトレットコンデンサーマイクロホン
(小型ステレオマイク)型番:ECM-MSD1

コンデンサーマイクはボーカルだけのものではありません。ソニー(sony)ECM-MSD1は目的に合わせて指向主軸角を90゜と120゜の2種類に切り換えが可能な小型ステレオマイク。MSステレオ方式の採用により、シーンにあわせて、リアルなステレオサウンドが記録できます。電源はアルカリボタン電池LR44。

ECM-MSD1の主な仕様
幅27×高さ60.5×奥行72.5mm
約50g

販売価格:9,450円(税込)
マイクHOMEへ
この記事へのコメント
ソニ−プリアンプTA−434のワイヤレスマイクにはどれが該当するのでしょうかお尋ねしますよろしくお願いします
Posted by 西田耕造 at 2009年06月21日 16:57
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/4390594
マイクHOMEへ