アンプとマイクの位置

さていよいよマイク録音に入っていくのですが、エレキギターの録音に使われるマイクにはダイナミックマイクとコンデンサー・マイクの2種類があります。

ダイナミックマイクとコンデンサーマイクの違いについてはまた別項目で紹介していきますが、丈夫で求めやすいダイナミックマイクと、高価で繊細なコンデンサーマイクというイメージがあるでしょう。
エレキギターでの音の収録にはまずはダイナミックマイクから入る場合が多いです。なぜならエレキギターの音作りにはパワーのある、ガツンとした音が求められることが多いからです。ロックで歪み系のサウンドを欲しいときにはダイナミックマイクのほうが中音城を中心に音量感を得ることができます。

コンデンサーマイクをエレキで使わないのかというとそんなことはなくて、クリーントーンが欲しい楽曲の時にはコンデンサーを使うこともあります。繊細な音作りにはあっているマイクですからね。

ダイナミックマイクとコンデンサーマイクの両方の特性を生かして両方で拾っておいて、後で混ぜてあげるという方法もあります。
コンデンサーだとは低域も拾ってくれるので音がワイドレンジになり、サウンドがふくよかになってきます。

どちらを使うのかは完全に好みですから使いやすいほうでいいでしょうね。

マイクをどこに立てるのかというと、ギターアンプの近く大体1m以内でしょう。これよりもアンプに近づけていくとある効果が生まれてきます。

そのことを近接効果といったりします。
近接効果を得た音は低音域が大きくなります。カラオケのマイクで試してみてもいいですが、こちに完全にマイクをくっつけて声を出すと、低い声が強調されるのと同じです。

「きりんです」のイメージでしょうか?

逆にアンプから離れていくと中城にサウンドが偏っていきます。ここら辺は好みなのですが、ドンsh利サウンドを欲しいときにはあまり向いていないでしょう。また、音像も遠くに感じられるようになってしまいますからギターの音量を上げても上げても小さく感じる原因になります。プロの現場ならまだしらず、自宅やスタジオで録音するアマチュアのレコーディングの時には各機材は最高の者を用意できるわけではありませんから、調整できるマイクとアンプの位置には気を配っておきたいものです。

セッティングのうちから何度も音を出して試して、音決めしていきましょう。これはアンプの種類がマーシャルであろうが、ジャズコーであろうが同じことです。

この続きはこちら→マイクとアンプの角度
マイクHOMEへ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/4392201
マイクHOMEへ