アルペジオ録音

アルペジオをマイク録音するときに注意したい点は、高音弦ばかりではなく低音弦をいかに気持ちよく出すかにかかっています。
ギターのサウンド自体が低音が出るギターだと全体のトーンに説得力が出てきます。マイクのセッティングで出ているはずの音は拾ってあげましょう。そういう点でいくと低音域に強いマイクを選択する、もしくはレンジの広いものを選択するのがアルペジオの時のセオリーでしょう。

アルペジオを収音するときにはコンプレッサーで音の粒をそろえてあげるというのも考えていくべきサウンド作りになってきます。

16ビートカッティングでも書いたAKG C414B−ULSあたりのコンデンサータイプのマイクは重心も下りてきてバランスがいいかなと思っています。このようなマイクのサウンドチェックは実際にアンプから出ている音にどれだけ近いかを比べる必要があります。

SM57とC414B−ULSの音を比べたときにどっちがいいかというのもありますが、アンプから出るサウンド作りが一番です。マイクはそれを忠実に収めてあげる機材ですからね。これはボーカル録音でも共通で、いい声をそのままマイクで拾う、これで何の問題が出るでしょうか?


コンプレッサー…音のピークを抑えレコーダーへの過大な入力を抑えたり、サウンドの立ち上がりやリリースを調整することができるエフェクター。1176LNはスタジオで使われるコンプレッサーの代表格。


オブリガード(オブリ)の時のマイクセッティングに考えておきたいのは、色付けのニュアンスが多いオブリでは後でリバーブを書けることも考慮したマイクでの音作りですね。あまりにもバランスがチグハグな(低音がでかい、高域がカリカリしすぎ)音の場合、リバーブのかかり方にも影響してきますから、気をつけましょう。

ハード系のリフは迫力あるサウンドに仕上げたいところ。
ギブソンレスポール+マーシャルが王道のセッティングでしょうね。
低音もがっちり欲しいところなので、コンデンサーマイクのC414あたりで低域も押さえつつ、ダイナミックでパワー感も拾う。そしてこの両者のマイクのサウンドを混ぜていく方法もありでしょうね。

ギターソロのマイク録りの際はソロが高音弦を使うことが多いですから薄っぺらにならないように逆に低域によいRE20なんて面白いかなと思います。
マイクHOMEへ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/4411206
マイクHOMEへ