マイク録音アコースティックギター編

マイク録音アコースティックギター編の続きです。
ギターピック弾きをマイクで録ると少し細い感じになる場合が多いです。かといって強く弾こうとすると本来のタッチが崩れて雑な音しかマイク録音できなくなります。もちろん自在に弾けるのならマイクセッティングに困ることはないのですが、マイクのセッティングは弾き方が低音をあまり出さない方なら低音弦にマイクをやや向けるようにして指向していきます。このマイクセッティングならば低音が苦手でもいつもどおり弾くことができます。マイクの録り音もバランスがよくなります。プレイだけでなく楽器の特性で低音がよく出る楽器、出にくい楽器がありますから正面を基本に少し下や右上にマイクをおいて狙う、よりバランスのいい音を探していきます。
低音が出ている方が好みならマイクは下を狙うといった工夫で録り音はずいぶん変化します。楽器は斜め上に向かって音が出ますから、パワーのある音をマイクに収めたいならば上から狙ったりするといいです。特に指向性の強いダイナミックマイクなどを使うとその差はかなり出てきます。録り音にはリミッターを軽くかけておくとバランスの調整がしやすくなりますよ。ピック弾きをLRに振ったりモノでセンターにしたりミキシングで変化をつけたいときにもばらばらな音よりも加工が容易になります。
クリアにマイクに音を乗せたいときはオンめにマイクセッティングをするとうまくいきます。できるだけ音の粒が均等になるようにしておくと楽です。どの帯域もバランスよく録れるようにマイクを立てると面倒が減ります。もちろん狙いがあってのマイクのセッティングならば問題ありませんから自由にマイクを立てて見ましょう。
マイクHOMEへ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/4470425
マイクHOMEへ