エリプス

アコースティックギターの音をマイクで拾うのではなく電気信号に変えて増幅(アンプリファイド)すると生のアコギのサウンドからは若干離れてしまうという悩みをギタリストなら誰でも抱えています。FISHAMN Transducers社はマイクで録った音にいかに近づけるかを研究し続けアコースティック周辺機器のNo.1ブランドへと成長したブランドです。アコギサウンドの入口ピックアップからプリアンプ/Auraアコースティック・イメージング、そしてアンプを扱うのがFISHMAN Transducers社です。Transducers社が自信を持って送り出したピックアップELLIPSE MATRIX BLEND 2.3mmはピエゾPU「アコースティック・マトリックス」にマイク、コントロール、アウトプットがフルセットとなったシステムで手元での調整の可能な便利なピックアップでベストセラーとなりました。25,800円は安いと思います。
ピエゾとマイクをブレンドすることで自然な出音とハウリングへの配慮を兼ね備えることができています。コンデンサー・ミニマイクは最適なスイート・スポットに配置して好みのアコギサウンドを探ることができ、ボディが小さめのギター用には低域をブースト、ドレッドノートタイプギターにはナチュラルタイプとプリアンプを選択できます。ギターの内側に設置なので見た目もすっきりします。
サドル幅3.2mmのギターに対応するモデルも同じ価格で発売しています。エリプスピックアップサウンドを試してみてください。
もうすこし低価格でコンデンサーマイクなしのFISHMAN ( フィッシュマン )ELLIPSE VT 2.3mm/3.2mmというピックアップもあります。
また、従来のサウンドホール取付タイプのピックアップではFISHMAN(フィッシュマン)/NEO-D Humbucking Pickupがあり、ハムバッキングアコースティックギター用ピックアップです。
クラシックギター用ピックアップでもFISHMAN(フィッシュマン)/SBT-Cというモデルがあります。
マイクHOMEへ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/4476477

デジタルカメラの周辺機器
Excerpt: デジカメのバッテリーって標準品しか選択肢がないのかと思っていたらこんなに高性能なサード..
Weblog: デジタルカメラの周辺機器
Tracked: 2007-06-27 02:31
マイクHOMEへ