ワイヤレスマイク周波数

ワイヤレスマイクには周波数という言葉がついてきます。周波数とは1kHzの周波数であれば1秒間に1000回単振動を繰り返すとことです。電波、音波、そう、波です。単振動とは振り子運動のようなものです。この周波数という言葉はワイヤレスマイクに限らずラジオ、携帯などさまざまな場面で聴くことがあるかと思います。周波数の範囲を指すのが帯域幅(たいいきはば)でバンド幅(英: Bandwidth)ともいいます。ヘルツで示される帯域幅は、電波通信や信号処理、分光法などの分野で重要な概念です。情報(データ)を転送する際の転送レートを「帯域幅」あるいは「バンド幅」と呼びます。
周波数(しゅうはすう)はfrequencyの訳で、ヘルツ(Hz)という単位で表されます。空気の振動数を指す時は耳で聞こえる音の高さとして周波数を使います。人間の耳に聞こえる周波数はおよそ16Hz〜20kHzの範囲と言われていて、それ以外の周波数を直接聞くことはできないのです。音楽ではマイクの性能、もしくはサンプリングなどの技術において必要な知識となってきます。人間の耳に聞こえる周波数よりも高い周波数(高周波)を「超音波」と呼びます。犬には超音波が聞こえているんですね。反対に低い周波数(低周波)を「超長音」と呼びます。携帯電話で使われる周波数は「電波」のことで、本来離れた機器同士で電気信号をやりとりするにはケーブルが必要になりますが、電気信号を空中に放射し受信することによって無線による電気通信が可能になります。これが電波で、携帯の通信だけでなくラジオやテレビの放送にも使われていますね。
800MHzを使う携帯電話(PDC)や,1.9GHzを使うPHS,2.4GHzを使う無線LAN(IEEE802.11b)という風にさまざまな電波が飛び交っているのです。低い周波数の電波は地を這って遠くまで届きます。中波はAMラジオ放送(500kHz〜1600KHz)で使用される電波ですが、空気中の条件しだいでは国外の放送局からも電波が届きます。

周波数特性
周波数特性(しゅうはすうとくせい)とは、周波数と何らかの物理量との関係を表したもので

電気周波数
交流は電気の流れる方向が周期的に変わっています。日本の電気は東日本が50ヘルツ、西日本が60ヘルツの交流です。東京電力の電気は50ヘルツの交流、1秒間に電流の方向が50回交替をしています。
マイクHOMEへ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/4524755
マイクHOMEへ