ソロギター

ソロギターはマイクのセッティングも極力近めにし、オンマイク気味に録音していきます。サウンド・ホールからネックの根あたりを狙うのがいいでしょうね。ソロギターのマイク録音にはアタック感が欲しいところなのでオンマイクになっています。オケよりも若干前に出てくる感じです。SHURE SM57などのダイナミックマイクだと録り音
は余計な音が無くすっきりするのでセンターに音がくる印象になります。ソロギターはダイナミックマイクを使い、パッキングはコンデンサーマイクで録音するなどしてキャラクターを分けるといいです。
ギターを替えちゃってもいいですけどね。
録り音の加工ですが、ソロギターにはリバーブをかけても面白いですね。
これらのマイク録音の時にはテイクごとに仕上がりが変わるので複数のマイクを試したいときはあらかじめマイクを立てて弾いておきましょう。セッティングにはそんなに時間はかかりませんからね。

スライド奏法のマイク録音
サウンド・ホール狙いでふくよかさを狙ってみます。
スライド奏法は鉄のバーを動かすので結構ジャキジャキした音がでてきます。マイクの距離は、あんまり近すぎるとスライドの全体感が出てこないので、オンすぎてもいけません。
高音弦のジャキジヤキ感がありすぎないようにギターの上野ほうからマイクを狙っていきます。
マイクHOMEへ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/4628463
マイクHOMEへ